ここから本文です

「ホンダF1はマクラーレンとのコラボレーションを諦めるつもりはない」と長谷川総責任者

9/5(火) 8:36配信

オートスポーツweb

 マクラーレンは2018年以降のホンダとのパートナーシップについて近いうちになんらかの決断を下すと述べており、ルノーへのスイッチを決めるのではないかとの推測もなされている。そんななか、ホンダF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏が、ホンダはマクラーレンとのコラボレーションを継続することを諦めないと語った。

イタリアGPでフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンはいずれもリタイアに終わった

 F1イタリアGPの週末、マクラーレンは、ルノーの首脳陣やFIAと会合を行ったといわれている。F1復帰3年目の今年になってもホンダのパワーユニットの信頼性、パフォーマンスに大きな向上が見られないとしてマクラーレンは不満を募らせ、契約を打ち切って、他メーカーのエンジンにスイッチすることを考えている。メルセデスとフェラーリにはマクラーレンに提供する意志はない。ルノーは提携チームを4チームに増やしたくない考えだが、もし現在のカスタマーであるトロロッソがホンダにスイッチすれば、ルノーにはマクラーレンにパワーユニットを供給する余裕が生まれる。

 状況は非常に複雑だが、マクラーレンのエグゼクティブディレクター、ザック・ブラウンは「いくつかの決断を下す。マクラーレンにとって重要な週になる」と述べており、今週にも結論が出るのではないかとみられている。


 今シーズン序盤からマクラーレンとの関係に緊張感が高まるなか、ホンダはアグレッシブなプランで開発を進め、サマーブレイク後にアップグレードを入れ続けてきた。

「彼ら(マクラーレン)を納得させる優れたパフォーマンスを発揮するために努力しています」と長谷川総責任者がイタリアGP日曜夜に語ったとRACERが伝えている。
「ですが十分かどうか確信はありません」    

「私たちホンダはこのコラボレーションを継続することを諦めません」    

 困難な状況のなか、さくらとミルトン・キーンズのファクトリーで働くスタッフたちのモチベーションはかえって高まっていると長谷川総責任者は言う。

「(この状況によって)開発が加速しています。ファクトリー内の士気が高まっています」

 長谷川総責任者は、次戦シンガポールはマクラーレン・ホンダのパッケージとの相性がいいサーキットであるため、ポジティブな結果を期待しているという。チームはシンガポールで降格ペナルティを受けずに済むよう、ベルギー、イタリアで2台のパワーユニット交換を行ってきた。

「(シンガポールでの)競争力にはある程度自信を持っています。今のエンジンでシンガポールを戦うことを決めています。つまり、セッティングはアップデートするかもしれませんが、(パワーユニット自体には)大きなアップデートは入れません」

[オートスポーツweb ]