ここから本文です

コリン・トレボロウ監督「スター・ウォーズ エピソード9」降板

9/6(水) 11:22配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 2019年公開予定の「スター・ウォーズ エピソード9(仮題)」からコリン・トレボロウ監督が降板したと、Star Wars.comが発表した。

 「ルーカスフィルムとコリン・トレボロウは、『スター・ウォーズ エピソード9』をめぐり、異なる道を進むことで合意しました。コリンは企画開発段階において素晴らしいコラボレーターでありましたが、このプロジェクトに対するお互いのビジョンが異なることに気づきました。コリンの今後の活躍を祈るとともに、同作に関する情報を近いうちに共有いたします」

 トレボロウ監督は、監督第2作「ジュラシック・ワールド」で大成功を収めたのち、「エピソード9」の監督に抜てきされた。しかし、今夏公開の最新作「The Book of Henry(原題)」に対する評価が芳しくなかったため、監督としての手腕を疑問視する「スター・ウォーズ」ファンも少なくなかった。「エピソード9」の脚本は、トレボロウ監督が執筆パートナーのデレク・コノリーと共同で手がけたものの、8月にルーカスフィルムは英テレビ脚本家のジャック・ソーンにリライトを依頼していた。

 「スター・ウォーズ」作品の監督降板といえば、ハン・ソロを題材としたスピンオフ映画を担当する予定だったフィル・ロード&クリストファー・ミラー監督コンビが記憶に新しい。かつても、タイトル未定のボバ・フェットを題材としたスピンオフ映画からジョシュ・トランク監督が降板となり、企画は白紙になった。また、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」でも、追加撮影はギャレス・エドワーズ監督からトニー・ギルロイ監督に引き継がれている。

 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以降の作品群で、降板を免れた監督はJ・J・エイブラムス監督と、最新作「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(12月15日)を手がけるライアン・ジョンソン監督しかいない。

最終更新:9/6(水) 11:22
映画.com