ここから本文です

【WWE】中邑がオートン撃破!「ヘル・イン・ア・セル」で王座挑戦決定

9/6(水) 16:35配信

東スポWeb

【米国・サウスダコタ州スーフォールズ5日(日本時間6日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会で“ロックスター”中邑真輔(37)が“毒蛇”ランディ・オートン(37)とのWWE王座次期挑戦者決定戦に激勝。次回PPV大会「ヘル・イン・ア・セル」(10月8日、ミシガン州デトロイト)で王者ジンダー・マハル(31)に挑戦することを決めた。

 中邑は日本公演「WWE Live Osaka」(16日、エディオンアリーナ大阪)でもマハルへの挑戦が決まっており、異例の2大会連続タイトル戦出陣となる。

 マハルが見守る中、両雄は一進一退の攻防を展開。オートンが最上段からの雪崩式スーパープレックスを仕掛ければ、中邑はヒザ蹴りで反撃。DDTからのRKOを腕十字で切り返し、トライアングルチョークに移行する。オートンはそのまま力任せに持ち上げてパワースラムで投げ捨てて形勢逆転だ。

 ところがトドメを狙ったRKOを中邑は読んでいた。背中に回るとバックスタバーから必殺のキンシャサ・ニー・ストライク(ボマイェ)一撃。ジョン・シナに続いてスーパースター中のスーパースター、オートンを撃破する殊勲でPPVでの挑戦権を射止めた。

「ヘル・イン・ア・セル」は地獄の鉄檻マッチで行われる。大阪で王座奪取となれば、中邑は王者として決戦の地に乗り込むことになる。日本の“ロックスター”がついにWWEマットの中心に立った。

最終更新:9/7(木) 10:55
東スポWeb