ここから本文です

【京都国際映画祭】『火花』板尾監督がスキャンダル禁止令「不倫はアカン」

10/12(木) 13:39配信

オリコン

 京都市内を中心に開幕する『京都国際映画祭2017』(12日~15日)のオープニングセレモニーが12日、世界遺産に登録されている京都・西本願寺の重要文化財である南能舞台で開催された。同映画祭でワールドプレミアを行う映画『火花』(11月23日公開)に出演する桐谷健太、三浦誠己、板尾創路監督がレッドカーペットに登場した。

【写真】桐谷健太、 三浦誠己らが登場したレッドカーペットの模様

 桐谷は「『火花』は大好きな映画になりました」と話せば、三浦も「素晴らしい映画になってます。いくらハードルを上げても足らんくらいの傑作になりました」とアピール。しかし、肝心の板尾監督は「雨振らなんでよかった」とボケて笑わせた。その後、「『京都国際映画祭』でお披露目。感動しております。見ていただいた方に思いが届くように。スタッフ、キャストは自信がありますので、ぜひ見てください」と話した。

 また、桐谷も「大阪出身なので京都もしょっちゅう来ていた。関西の人にいち早く見てほしかった」と京都でお披露目なることに感激。俳優として飛躍の作品となった映画『パッチギ』の撮影場所でもあり、「京都は思い出がありますね」と感慨深げだった。

 囲み取材では、誰も浮いた話がないことを謝罪。三浦は「監督が言っていた。公開まで人を殴ったらアカン、物盗ったらアカン、不倫したらアカンと言うてました。それを、みんな守ってしまった」と苦笑いし、桐谷も「すみません。申し訳ないです」と笑顔で謝罪した。

 同作は『第153回芥川賞』を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説の実写化。漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永を菅田、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を桐谷が演じるほか、ヒロイン・真樹役で木村文乃が出演する。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。今年のキャッチコピーは「京都三泊四日。」となっている。

最終更新:10/12(木) 18:36
オリコン