ここから本文です

ジダンが欧州で最も高名な監督に選ばれる...厳正なる審査の結果

9/7(木) 18:00配信

SPORT.es

100以上の項目が分析されたのに加え、ジャーナリストやスポーツ・ディレクターからの評価をもとに調査が行われたと責任者のマリオ・グリオネロは語っている。調査の分析結果はプレスカンファレンスでの親密さ、冷静さ、共感的コミュニケーションなどが課されている。そして、スペイン代表の監督フレン・ロペテギは昨シーズンで大きく改善された1人である。

上位はジネディーヌ・ジダン(82.9ポイント)、ディエゴ・シメオネ(74.9ポイント)、レアル・ソシエダの監督エウセビオ・サクリスタン(62.9ポイント)という順番になっている。

「勝ったから、高名なのか」それとも「高名だから勝ったのか。」という点についてはキケ・サンチェス・フローレス(4位)、マルセリーノ・ガルシア(6位)、エウセビオ・サクリスタン(3位)が明確にしている。

1.ジネディーヌ・ジダン(82.9ポイント)
2.ディエゴ・シメオネ(74.9ポイント)
3.エウセビオ・サクリスタン(62.9ポイント)
4.キケ・サンチェス・フローレス(56.5ポイント)
5.エルネスト・バルベルデ(55.1ポイント)

6.マルセリーノ・ガルシア(54.2ポイント)
7.フラン・エスクリバ(53.7ポイント)
8.エドゥアルド・ベリッソ(52.8ポイント)
9.キケ・セティエン(50.3ポイント)
10.ホセ・ルイス・メンディリバル(46.6ポイント)

11.ホセ・アンヘル・シガンダ(45.9ポイント)
12.フアン・カルロス・ウンスエ(43.9ポイント)
13.ミゲル・ゴンザレス(43.6ポイント)
14.ペペ・メル(43.4ポイント)
15.アシエル・ガリターノ(41.8ポイント)

16.マニュエル・マルケス(39.8ポイント)
17.パブロ・マシン(38.5ポイント)
18.ホセ・ボルダラス(34.5ポイント)
19.ルイス・ズベルディア(31.1ポイント)
20.フアン・ラモン・ロペス・ムニス(29.2ポイント)

なお、他のヨーロッパ主要リーグの監督を合わせてもジダン(82.9ポイント)がトップであり、バイエルン・ミュンヘンの監督カルロ・アンチェロッティ(81.8ポイント)、ユベントスの監督マッシミリアーノ・アッレグリ(81.4ポイント)、チェルシーの監督アントニオ・コンテ(77.4ポイント)は上位となっている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:9/7(木) 18:00
SPORT.es