ここから本文です

藤井聡太四段、準々決勝で敗退 棋戦初優勝は持ち越し/将棋・第48期新人王戦

9/7(木) 17:57配信

AbemaTIMES

 史上最多の29連勝を記録した将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が9月7日、第48期新人王戦の準々決勝で、佐々木大地四段(22)との対局に敗れ、棋戦初優勝は持ち越しとなった。藤井四段の通算成績は39勝6敗。

 この日は26歳以下、六段以下、女流などが参加する新人王戦の準々決勝で、対戦相手の佐々木大地四段は、藤井四段と同じ2016年に四段昇格したものの、順位戦の下位リーグにあたるフリークラスからスタートした若き苦労人。フリークラスで好成績を残し、現在は2人ともC級2組に在籍しており、ともに3連勝と好調だった。勝利した佐々木大地四段は、準決勝で石井健太郎四段(25)と対戦する。

 新人王戦は持ち時間各3時間。対局の模様はAbemaTV(アベマTV)ほかで中継された。

最終更新:9/7(木) 18:12
AbemaTIMES