ここから本文です

【フォワ賞】サトノダイヤモンドは最内1番ゲート ノブレスは3番

9/8(金) 19:51配信

スポーツ報知

 仏G1・凱旋門賞(10月1日、シャンティイ競馬場・芝2400メートル)の前哨戦で、10日(日本時間10日24時35分)に行われるフォワ賞・G2(同)の枠順が8日、確定した。

 日本から出走するサトノダイヤモンド(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)はキャリアで初となる最内の1番ゲート、サトノノブレス(牡7歳、同)は3番ゲートに決まった。今年3戦3勝で前走のガネー賞でG1初制覇し、注目されるクロスオブスターズ(牡4歳、仏ファーブル厩舎)は5番ゲートになった。

 ◇フォワ賞・G2(シャンティイ競馬場=芝2400メートル)(ゲート番、馬名、重量、調教国)〈1〉サトノダイヤモンド 58 日本〈2〉シルバーウェーヴ 58 仏国〈3〉サトノノブレス 58 日本〈4〉チンギスシークレット 58 独国〈5〉クロスオブスターズ 58 仏国〈6〉タリスマニック 58 仏国

最終更新:9/17(日) 16:44
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ