ここから本文です

【DeNA】早大後輩の田中浩が鳥谷祝福「あと2000本打ってください」

9/8(金) 22:15配信

スポーツ報知

◆阪神8―3DeNA(8日・甲子園)

 通算2000安打を達成した阪神・鳥谷には、早大時代の1年後輩だったDeNA・田中浩康内野手(35)がチームを代表して花束を贈呈した。

 短くも濃厚なひとときだった。この日はベンチスタートだったベテランは、鳥谷が2回にメモリアル打を放つと、三塁側ベンチから花束を手に二塁ベースへ駆け寄った。冗談まじりに「ハグとかいらないですよね?」と聞くと「いらねえよ」と素っ気ない反応をされたというが、続けて「あと2000本打ってください」と言うと、少しだけ笑って「ありがとう」と返され、がっちりと握手を交わした。

 運命に導かれたかのようだ。今年の春先、横浜スタジアムで対戦した際に、練習中のグラウンドで一方的に約束を交わしていた。「2000本の時には僕が花束を持って行きますから」。もちろん、その時にどのチームを相手に記録を達成するかなんて分かるはずがない。「普段はなかなかグラウンドで話さないんですけどね。冗談で言ってたら、本当にそうなった」と田中浩は目を丸くした。

 早大時代は、入学直後の1年春から鳥谷が卒業する3年秋まで、東京六大学リーグ戦の全70試合で二遊間コンビを組んだ。「学生時代は目標にして、ずっと背中を追ってきた先輩。そういう出会いもあって、僕もこの世界に入れたと思っている」という。「プロでも、毎日試合に出続けるプレースタイルは、リスペクトですね。それしかないです。特にショートという守備位置でしたし」と脱帽した。

 また、自身も7月に通算1000安打を達成しているが「僕の2倍ですからね…」。先輩の偉業のすごさに感心しきりだった。

最終更新:9/11(月) 13:31
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 17:05