ここから本文です

伊達公子 「テニスが好きだから」笑顔の現役引退発表会見。錦織からの手紙も。

9/8(金) 17:50配信

TENNIS.JP

9月7日 有明コロシアムのセンターコート。

清潔感のある白いスーツで現れた彼女は、まっすぐ姿勢を正し、「皆さんこんにちは。伊達公子、2度目の引退会見です」と言った。

伊達公子46歳「やっとスタートラインに立てたかな?」

46歳、彼女の長いテニス人生が来週この有明で幕を閉じようとしている。

(引退に向けて今の心境は?)

――「プロテニスプレーヤーとしての時間が1日1日少なくなってきているなと、心の中でカウントダウンをしています。しかし今は“引退”のことより、来週始まる試合に向けて、自分のやるべき事、やらなければいけない事を最優先すべきだと思っています」。

(なぜ引退を考えたのですか?)

――「昨年9月に膝を痛めました。その後リハビリをしましたが、万全ではなかった、思うように体も動かなかったです。でも“引退”は考えていなくて。それでも時間をかければ必ずうまくいくと思っていました」。

「グランドスラムにもう一度…!!」と強く思っていたという伊達。彼女に“引退”という言葉を過ぎらせたのは、彼女の意思ではなく、彼女自身の身体だった。

今年7月、アメリカのツアーで3週間プレーをして戻ってきた後、膝と肩の痛みは限界になっていた。ドクターとの話し合いを自分の中で整理して、「ああ、少しずつ(引退を)決断しなけらばいけないな」と思ったと言う。

そして8月27日、自身のブログで「決断」というタイトルで引退を発表したのだ。
迎えたこの現役引退発表会見は1時間という時間の中で、数秒も質疑応答が途切れることはなかった。

(9年半、何が原動力となってプロ生活を続けられたのですか?)

――「テニスが好き。スポーツが好きだから」。

一瞬ペンを止め、顔をみた。そういった彼女の顔はいつものあの笑顔だった。

錦織からサプライズの手紙

「伊達さん、お疲れ様でした。
今まで僕は伊達さんからたくさんの刺激をもらいました。
多くの後輩たちもみんな刺激をもらって、切磋琢磨できていたと思います。
これからの人生を楽しんで、伊達さんらしく生きてください。
これからも宜しくお願い致します。
錦織圭」

今日の為に用意した錦織からのサプライズ。

伊達「彼も怪我で苦しんでいる時期ですけど…本当に厳しい世界、あの身長と体格なら怪我と向き合うことになるのはしょうがなく思う。本来ならトップ50でも厳しいのに、トップ10で居続けることは本当にすごい。
厳しさ、難しさ、これからも色んな壁があると思うけど、身体第一で、もう一度しっかり怪我を治して、もう一度強さを発揮してほしいです。」

伊達公子、来週のこの有明でどんなプレーを見せてくれるのか。
最後はまた、彼女の笑顔が見たいとファンは思うだろう。

≪伊達公子プロフィール≫

ファーストキャリア:94年の全豪、95年の全仏、96年のウィンブルドンで4強。4大大会の日本女子歴代最高成績を残す。
翌年95年冬に記録した世界ランク4位は、日本人最高位に。
セカンドキャリア:42歳で記録した13年全豪での本戦勝利と、同年ウィンブルドン3回戦進出は、オープン化以降女子最年長記録である。

塚越景子

最終更新:9/8(金) 17:50
TENNIS.JP