ここから本文です

アジア勢は未勝利の4年前から変わったのか 海外メディア「イランですら苦戦すると想像できる」

9/8(金) 23:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

アジアでは万全でも世界の戦いでは……

白熱のアジア最終予選も終わり、グループAからイラン代表と韓国代表、グループBから日本代表とサウジアラビア代表が2018ロシアワールドカップに出場することが決まった。しかし問題はこれらアジア勢がロシアの地でどんな結果を残せるかだ。最終予選を突破しただけで喜んでいるわけにもいかない。

枠内シュート0に抑えるイランの恐るべき守備力

前回の2014ブラジルワールドカップでは日本、韓国、オーストラリア、イランの4チームが出場したものの、どのチームも1勝すら挙げずにグループステージで姿を消している。この4年の間に世界との差を少しでも縮めることが求められていたが、それは実現したと言えるのだろうか。

『FOX SPORTS ASIA』は、今回のアジア最終予選ではグループAを首位通過したイランが最も印象的だったと振り返っている。イランは早々にワールドカップ出場を決め、黒星も1つもない。最後まで冷や汗をかいた韓国や日本、サウジアラビア、さらにはプレーオフに回ることになったオーストラリアなどと比べて淡々と最終予選をこなしていたイメージだ。

しかし、同メディアは「イランはアジアで最も印象的で、最終予選の10試合でたったの2失点しかしていない。しかし、そんな彼らでさえロシアワールドカップのグループステージ突破に苦戦するシナリオは容易に想像できる」と伝えており、イランですら苦戦すると見ている。

同メディアのおこなった「ロシアで最も躍進するアジアのチームはどれか?」とのアンケートではイランが57%でトップ、次いで日本が37%の票を得ている。いずれにしてもアジア勢にとって楽な試合など1つもないが、この4カ国は前回大会からの成長を見せられるのか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報