ここから本文です

脅威のロボット誕生、純金製「マジンガーZ」は1870万円

9/9(土) 8:25配信

ITmedia LifeStyle

 高級工芸品などの企画製作を手がけるコウゲイは、純金製の「マジンガーZ」を発表した。9月9日から西武渋谷店で開催されるイベント「DYNAMIC 豪!50!GO! in SHIBUYA」で展示販売を行う。

「大」と「小」がある

 1月に西武池袋本店のイベントで展示した“プラチナ製マジンガーZ”に続く第2弾。2017年に作家活動50周年を迎える永井豪氏と、その代表作で同じく2017年に45周年を迎えるマジンガーZを記念して製作した。日本国内で職人の手により数カ月にわたって「緻密(ちみつ)に、丁寧に製作している」(同社)。付属の観音開き仕様の桐箱も独自製作で、1つ1つ手作りしているという。

 純金製マジンガーZには「大」と「小」の2つがあり、ポージングはいずれも「ブレストファイヤー」。「大」は全高130mmで重量は約850g、限定5体を1870万円(税別)で販売する。一方の「小」は全高70mmで、価格は330万円(税別)。限定50体となっている。

 「DYNAMIC 豪!50!GO! in SHIBUYA」の開催期間は、9月9日から11日まで。会場は西武渋谷店モヴィーダ館6階と7階。会場では純金製マジンガーZの展示販売に加え、「プラチナ製マジンガーZ(小)」も同時に展示、販売する予定だ。

最終更新:9/9(土) 8:25
ITmedia LifeStyle