ここから本文です

【仏・フォワ賞】サトノダイヤモンドは4着「休み明けと重い馬場の影響あった」

9/11(月) 0:42配信

スポニチアネックス

 凱旋門賞の前哨戦である仏G2「フォワ賞」が10日、シャンティイ競馬場で6頭立てで行われた。日本から参戦したサトノダイヤモンド(牡4=池江厩舎、父ディープインパクト、母マルペンサ)は直線で伸びを欠き、4着に敗れた。帯同馬サトノノブレス(牡7=池江厩舎、父ディープインパクト、母クライウィズジョイ)は最下位6着。勝ったのはドイツ馬チンギスシークレットだった。

 まさかの結末だった。僚馬サトノノブレスがペースメーカーを務め、2番手で折り合ったダイヤモンド。ルメールと折り合い十分。スムーズにコーナーをクリアし、余力を残して直線に向いたかに見えた。残り400メートル。役目を終えたノブレスを交わし、ルメールが満を持して追い出すが、いつもの反応がない。必死に手綱をしごくが、外から伸びたチンギスシークレットなど、上位3頭に抵抗できぬまま4着に沈んだ。

 この日のシャンティイは重馬場。ルメールはレース前「軟らかい馬場だけが心配」と話していたが、不安が的中する結果に。「長い休み明けだし、馬場が凄く重かったのも影響した。100%の状態ではない中で、よく走ったと思うが、最後の200メートルで止まった」と肩を落とした。池江師はショックが大きく、青ざめた表情で言葉を失った。

 日本競馬の悲願を懸けての挑戦は、前哨戦の段階で大きくつまずいてしまった。本番まで残り3週間。名門厩舎がどう立て直すのか注目だ。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ