ここから本文です

【ソフトバンク】サファテ、3者連続三振で前人未到の50セーブ 9連勝でマジック5

9/11(月) 6:03配信

スポーツ報知

◆ロッテ3―6ソフトバンク(10日・ZOZOマリン)

 まさに、圧倒だった。サファテが無死二、三塁から3者連続三振を奪い、ゲームを締めた。工藤監督となって初、2014年8月以来となる3年ぶりの9連勝を決めたマウンドには、日本プロ野球では前人未到の50セーブをマークした絶対的守護神が君臨した。

 4点リードの9回。森が3連打され3点差となるとベンチは迷わずサファテにスイッチ。「準備はできていた。今宮が打たなければ行く予定だったからね」。9回表の今宮の2ランで4点リードとなり一度はブルペン内のいすに座ったが、気持ちは切らさない。無死一、二塁から平沢の初球に重盗を決められ二、三塁とピンチは拡大したが慌てることもない。「三振を狙ったわけじゃない。アウト3つ取れればいいと思っていた」とサラリと振り返った。

 メジャーではフランシスコ・ロドリゲス(エンゼルス)が08年に62セーブを記録しているものの、日本プロ野球記録を更新し続ける助っ人右腕。連続試合セーブは16。パ・リーグ歴代2位に浮上し、02年5月に小林雅英(ロッテ)がマークした17試合に王手をかけた。

 先発の和田は、8回に無死満塁のピンチを招き、代わったモイネロが荻野に適時打を浴びたため2失点。8月27日に左肘手術から復帰後、続けていた無失点は20イニングで止まったが、7回0/3を6安打2失点で4勝目。東浜、千賀、バンデンハークに次ぐCSでの先発にメドを立てた。

 2年ぶりのV奪回へすごみを増す9連勝で、優勝マジックは5。最短の14日に優勝なら2年前の15年の9月17日を上回りパ最速の優勝決定日となる。「頼もしい」と工藤監督も加速し続けるナインの姿に目を細めた。11日から2日間の休息を挟み、再び頂点へ歩みを進める。(戸田 和彦)

最終更新:9/18(月) 1:27
スポーツ報知