ここから本文です

ベガルタ仙台、4ゴール快勝…鳥栖はGK権田修一の負傷退場が響く/J1リーグ第25節

9/10(日) 20:56配信

GOAL

■J1第25節 仙台 4-1 鳥栖

仙台:石原(11分、74分)、野津田(34分)、三田(54分)
鳥栖:イバルボ(90+2分)

明治安田生命J1リーグ第25節が10日に行われ、ユアテックスタジアム仙台ではベガルタ仙台とサガン鳥栖が対戦。試合は4-1で仙台が勝利を収めた。

仙台は8勝5分け11敗で12位。リーグ戦では中位に位置しているが、JリーグYBCルヴァンカップではクラブ史上初となる準決勝に進出するなど、調子を上げている。対する鳥栖は、9勝7分け8敗で9位。今季これまで連敗はないが、前節はホームで黒星を喫しているため、アウェイで連敗阻止を狙う。

試合は11分、仙台DF古林将太が右サイド深く進入してクロス。これにFW石原直樹が右足で合わせ、ゴールネットを揺らす。このシーンで、石原のひざが鳥栖GK権田修一の頭に当たり、権田がピッチに倒れ込んだため、試合は一時中断となる。

鳥栖サポーターからだけでなく、仙台サポーターからも権田に声援が送られるも、権田は起き上がれず。権田は担架で運び出され、GK赤星拓が交代でピッチに入る。時計は前半の20分を過ぎていたが、試合中断扱いとなり、11分から再開することがアナウンスされる。

試合再開後、鳥栖はFWビクトル・イバルボにボールを集め、チャンスを作ろうとするも、追加点は仙台に生まれる。34分、ペナルティエリア手前でパスを受けたMF富田晋伍はパスを選択。ペナルティエリアに走り込んだMF野津田岳人がダイレクトでシュートを放ち、リードを2点に広げる。野津田は今季初得点。前半は2-0で終了となった。

2点を追う鳥栖は51分、MF河野広貴を下げてMF安庸佑を送り出す。しかし、またもゴールは仙台。54分、FW奥埜博亮が落としたボールをMF三田啓貴が左足でシュート。仙台は3点差とする。鳥栖は58分、FW田川亨介を下げてFW池田圭を送り出し、交代枠を使い切る。仙台は66分、負傷した富田を下げ、FW西村拓真を送り出す。これが最初の交代となる。

仙台は74分にも相手のミスを突き、最後は石原が頭で押し込む。精彩を欠いていた鳥栖だが、後半アディショナルタイム、CKから仙台GKシュミット・ダニエルが落としたボールをイバルボが押し込み、1点を返す。しかし、反撃もここまで。試合は4-1で仙台が勝利。鳥栖は今季初の連敗を喫した。

Goal編集部

最終更新:9/10(日) 20:56
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合