ここから本文です

FC東京社長が“監督交代”を受けて声明文「危機感や現状打破の想いに弱さがあった」

9/10(日) 16:13配信

ゲキサカ

 FC東京は10日、監督交代に伴い、『ファン・サポーターのみなさまへ』というタイトルで声明文を発表した。

 今季、FW大久保嘉人やFW永井謙佑、MF高萩洋次郎ら大型補強を敢行したFC東京。だが、思うような成績を残すことができず、9日のJ1第25節セレッソ大阪戦で1-4と惨敗し、公式戦5連敗を喫した。これを受けてクラブは、篠田善之監督の退任を発表。安間貴義コーチが暫定的に指揮を執ることになった。

 代表取締社長の大金直樹氏は、「結果・内容ともにご期待に応えられないことに、深くお詫びを申し上げます。今シーズンはACL出場権の獲得を目標に戦ってまいりましたが、達成することは難しい状況になりました。また直近の試合では、みなさまには悔しさ以上に耐え難い悲痛な思いをさせてしまい、大変申し訳ございません」とファンに謝罪。

「一事が万事、クラブ全体として危機感や現状打破の想いに弱さがあったということだと思います。ただ今申し上げますことは、あらゆる努力をはらい、残りのシーズンを戦っていく決意です。もう一度、『強く、愛されるチームをめざして』を胸に、みなさまと喜びを分かち合うために強いチーム、強いクラブの再建に努めてまいります」と前を向き、残り9戦を全力で戦い抜くことを誓った。

最終更新:9/10(日) 16:13
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ