ここから本文です

ヤクルト成瀬が今季初先発で1敗、再び2軍調整へ

9/10(日) 18:38配信

日刊スポーツ

<巨人6-1ヤクルト>◇10日◇東京ドーム

 ヤクルト成瀬善久投手(31)が4回3安打2失点で敗戦投手となった。今季初先発で低めにボールを集めて、丁寧にコーナーを付いた。2回に2連打で無死一、三塁とすると長野の内野ゴロの間に先制点を献上。4回には2死二塁から三塁手リベロの悪送球が適時失策となり、追加点を許してしまった。5回の打席で代打が送られて降板となったが、上々の内容だった。

【写真】打者山田に対し打撃投手を務めた成瀬

 短いイニングでの降板となり、「打席が回ってきたというのはあるし、仕方がない。自分なりに丁寧に投げられた。自分らしい仕事をする前に終わってしまった。久々の先発でそこそこできたと思う」とコメント。今後は登録抹消され、再び2軍で調整する見込みとなった。「1軍に来れたことは来れた。それは良かった。(今後の登板について)僕が決めることではない」と淡々と振り返った。

最終更新:9/10(日) 19:20
日刊スポーツ