ここから本文です

サイト訪問者って、「行動しない」「過去の経験で判断」「興味のないことはスルー」なのよね(第9回)

9/11(月) 7:01配信

Web担当者Forum

  ◇  ◇  ◇  

 

今回のポイントだゾウ

・ユーザーは冒険しようとはしない
・ユーザーには過去の経験や知識があり、それがベース
・ユーザーは興味のあることには反応する
・でも、興味のないことには見向きもしない
・かんたんなユーザーテストをするだけで、大きな気づきが!

皆さん、こんにちは! 象好きのかたわら都内でパソコン教室を運営したり、ユーザーのお困りごとを企業様にお伝えしたり、最近では大人向けの数学教室をやったりしていますが、象さんが好きなモリマミコです。

象さんの話をすると「どの種類の象さんが好きなの?」と、よく聞かれます(聞かれたいオーラを出しています)。象さんには、「アフリカゾウ」「アジアゾウ」、そして最近新種認定された「マルミミゾウ」の3種がいます。アフリカゾウは耳が大きく、マルミミゾウはアフリカゾウにそっくり、アジアゾウは耳が小さく、まるっこい体なのが特徴です。

そして、私が好きなのは断然、アジアゾウ。ちなみにインドゾウは、“インド生まれのアジアゾウさん”を指しています。

ところで、インドを漢字にすると印度。最近は、「印鑑」という文字を見ただけで象さんに会いたくなる私です。今回はそんな「印鑑」にまつわるユーザー体験のお話です。

 

「かんたん!おしゃべりユーザーテスト」始まるよ~

というわけで、米内さん(仮名、66歳、女性)が教室にお越しになり、開口一番ご報告。

“>>>
娘が結婚するのよ~♪
<<<”

そりゃめでたいゾウ! 私の頭のなかで象さんがファンファーレを鳴らしている。とにかく、米内さんはとても喜んでいる。よかったよかった。

“>>>
ところで、なにかおもしろい贈り物ないかしら?
<<<”

なぜだかわからないが、私は受講生に「おもしろいもの」を聞かれる。皆さんのなかでは、私の恋い焦がれるゾウ話も「おもしろい」に括られているのだろうか……問い正したい気もしながら「おもしろいモノとはなにか」について考えてみた。だが、「おもしろい結婚祝い」を(それも、母が娘に贈るものとして)、すぐに思いつくことは正直難しい。

しかし、目の前にはわくわくして答えを待つ米内さん。期待されているのは大喜利か。しかし、そこでふと思い出した。「そういえば、ユーザーテストの候補サイトで、印鑑屋さんが手を挙げてくださってたな……よし、ここは、印鑑をプッシュ!」という下心大部分で、「姓が変わるから、実印をプレゼントするのはどうですか?」と提案してみた。

“>>>
へえ、おもしろいわね~
<<<”

と、米内さんもご機嫌な顔をしつつ、私の隣の席についたので、私はページを案内した(with下心)。かくして、「かんたん!おしゃべりユーザーテスト」が始まった。印鑑屋さんのサイトをテストしつつ、米内さんのプレゼントも決められるという一石二鳥!だ。

 

1/3ページ

最終更新:9/11(月) 7:01
Web担当者Forum