ここから本文です

【RIZIN】那須川天心の相手は清水聡にも勝ったアマチュアボクシング五冠王

9/11(月) 15:06配信

イーファイト

 10月15日(日)マリンメッセ福岡にて開催される『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント1st ROUND-秋の陣-』の追加対戦カードが、9月11日(月)都内で行われた記者会見で発表された。

【フォト】7月のRIZINでは才賀紀左衛門を一撃KOした那須川

 出場が発表されていたISKAオリエンタルルール世界バンタム級&RISE同級王者・那須川天心(TARGET)の対戦相手が、藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We)に決定。

 藤田は幼少の頃から空手やキックボクシングを学び、ボクシングではインターハイ・国体2冠、全国選抜、全日本選手権の五冠を制した。2009年のインターハイでは1歳下の弟と史上初の兄弟で同時優勝を果たして話題に。さらに2011年の全日本選手権では北京五輪日本代表、ロンドン五輪の銅メダリストで現プロボクサーの清水聡に勝利するなど、アマチュアボクシング界の至宝ともいえる存在だった。

 しかし、2016年の全日本選手権の出場がかなわず、アマチュアボクシングからMMA(総合格闘技)への転向を決意。現在は才賀紀左衛門、村田夏南子と共に練習を積んでいる。今年5月、6月とアマチュアMMAに出場し、得意のパンチを封印して寝技で2連勝。今回のRIZINがプロデビュー戦となる。

 藤田は「ボクシング界からやってきました。プロデビュー戦で大きな舞台と凄い相手を用意してもらっておいしいです。楽しみにしていてください」と那須川を前にして“おいしい相手”と大胆発言。

 対する那須川は「ボクシングの試合を見ましたが、強いですけれど 自分のレベルと比べて大差はないと思いました。ボクシングで有名な選手をパンチで倒したいと思っていたので面白いカードが組まれたと思う。しっかりといい勝ち方をして盛り上げたい」と、アマチュアボクシングのエリートに対してパンチで倒すと宣言した。

最終更新:9/11(月) 15:48
イーファイト