ここから本文です

インテル&ナポリが開幕3連勝、ミランは4失点大敗/セリエ

9/11(月) 10:41配信

ISM

 イタリア・セリエAは現地時間10日、第3節の8試合が行なわれ、長友佑都所属のインテルは、ホームでスパルに2対0と勝利した。長友はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

 インテルは27分、ビデオ判定で得たPKを主将のイカルディが決めて先制。終了間際の87分には、ダンブロージオのクロスをペリシッチがボレーで叩き込んで勝利を決定づけた。昇格組スパルを退けたインテルは、開幕3連勝を飾っている。

 また、ナポリも開幕3連勝。66分にインシーニェのクロスからカジェホンが先制すると、83分にメルテンス、88分にジエリンスキーが追加点を奪い、敵地でボローニャを3対0と沈めた。

 一方、ミランは敵地でラツィオに1対4と大敗した。38分のPKを皮切りに、42分、48分と立て続けのゴールでインモービレにハットトリックを許すと、49分にもルイス・アルベルトにダメ押しとなる4点目を献上。モントリーヴォが1点を返したが、開幕からの連勝が2で止まり、初黒星を喫した。

 そのほかの試合では、フィオレンティーナが敵地でヴェローナに5対0と圧勝。トリノは敵地でベネヴェントを、ウディネーゼはホームでジェノアを、カリアリは新スタジアムのこけら落としでクロトーネを、それぞれ1対0で下している。アタランタはホームでサッスオーロに2対1と競り勝った。(STATS-AP)

最終更新:9/11(月) 10:41
ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合