ここから本文です

<震災6年半>親友の死、今語る 東松島の18歳

9/11(月) 12:06配信

毎日新聞

 東日本大震災の津波で同級生の女の子を亡くした私立大1年の添田あみさん(18)=宮城県東松島市=が10日、自らの体験を話す語り部活動を始めた。震災から6年半。人前で語ることができなかった親友の死を言葉にすることで、あの震災と改めて向き合い、そして前に進もうとしている。【本橋敦子】

【東日本大震災6年半】犠牲者を供養するため、海に入る僧侶

 ◇「自分の中でも風化、だからこそ」

 「あの時、私が『帰っちゃだめ』と言っていれば、親友は助かったかもしれない。ずっとそう思っていました」。かさ上げ工事の進む同市大曲浜地区。強い海風に土煙が舞う中、添田さんは仙台市の大学生ら約30人を前に声を震わせた。土盛りされたその場所は、かつて親友の家があった。

 震災当時、添田さんは小学6年。親友と「中学の吹奏楽部で一緒にサックスを吹こうね」と約束していた。卒業式を目前に控えた2011年3月11日、地震が起きた。校庭に避難した後、近所の住民が添田さんを迎えに来た。「バイバイ」。一言だけ言って、親友と別れた。それが最後の会話となった。

 親友の死を耳にしたのは、3月末に延期された卒業式の2日前だった。人を笑わせるのが好きだった親友。悪い冗談だと本気にしなかった。しかし式当日も親友の姿はなく、席にはランドセルだけが置かれていた。親友は小学校より海側の自宅へ戻り、津波にのまれたと担任の教諭から聞かされた。頭が真っ白になり、涙が止まらなかった。

 「なんで私が助かって、あの子が助からなかったんだろう」。中学に入学してからも、思い出してはつらくなった。助けられなかった自分を責め続けた。高校進学後も、親友の死を誰かに積極的に話すことはできなかった。

 転機は今年8月10日、東松島市あおい地区で開かれる秋のハロウィーンに向けた打ち合わせに出席したことだった。地域で若者の語り部活動を支援している同市出身のフリーカメラマン、鈴木貴之さんに「語り部をやってみないか」と声を掛けられた。添田さんはその場で、自分も語り部になりたいと申し出た。

 この日は亡くなった親友の誕生日だった。「『バイバイ』と言って別れた友だちに、次の日『おはよう』と言えるとは限らない。日常は当たり前じゃないということを私も伝えたい」。親友の死を無駄にしたくないと思った。

 震災から6年半がたち、親友の家の周辺の風景を思い出せないことが増えた。「自分の気持ちの整理がついた」と思う一方、「自分の中で風化が始まっている」と感じる。被災していない人ならなおさらだと思う。だからこそ、自分の体験を多くの人に知ってほしい。「私と同じ思いをする人を二度と出したくない」。語り部として一歩ずつ歩んでいく姿を、親友に見ていてほしいと思う。

最終更新:9/11(月) 20:55
毎日新聞