ここから本文です

川崎F車屋「浦和に一気に返される可能性ある」 ACL4強へ勝負は前半

9/11(月) 15:06配信

スポニチアネックス

 川崎Fは13日、アウェーで浦和とのアジアチャンピオンズリーグ・準々決勝第2戦に臨む。ホームで行った第1戦は、エースFW小林の2得点などで3―1で先勝。第2戦は敵地とはいえ有利な状況で迎えるが、DF車屋紳太郎(25)は「(浦和は)ホームで難しい試合をひっくり返したことのあるチーム。サイドには良い選手がいて、崩されると一気に(得点を)返される可能性がある」と警戒を弱めていない。その中で「前半で失点しないのが一番」と、先制点を与えないことが重要である強調した。

 試合は3―0で快勝した9日の横浜戦から中3日。決戦2日前のこの日は、横浜戦に先発した主力メンバーはランニングなど軽いメニューで調整した。クラブ史上初となるアジア4強へ、車屋は「(埼スタでの試合は)去年はケガで欠場して、まだ2回くらいしかプレーしていないので楽しみです」と意気込みを語った。

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合