ここから本文です

大西ライオンが3人制バスケリーグ優勝に歓喜「自チームから五輪選手を」

9/11(月) 16:04配信

バスケットボールキング

 お笑い芸人の大西ライオンが、お笑いコンビ麒麟の田村裕、京都ハンナリーズの岡田優介と共同オーナーを務める3人制プロバスケットボールチーム、DIME.EXE。9月10日に六本木ヒルズアリーナで行われたプレーオフファイナルで、AGLEYMINA.EXEを18-14で下し、3x3 PREMIER.EXE 2017 SEASONの優勝を果たした。

 オーナー3名のうち唯一現場で試合を見守ることができた大西ライオンは、DIMEが万全の布陣でなかったことに言及。「リーグには外国籍選手がたくさんいます。うちのチームにも、もちろん外国籍選手がいるんですけど(愛媛オレンジバイキングスのニカ・ウィリアムズと、東京八王子トレインズのエドワード・モリス)、ファイナルだけは出られないという状況でした。日本の大会で、日本人選手4人で優勝するというのが叶えられて、本当に良かったです」と喜びを爆発させた。

 2020年の東京オリンピック正式種目に採用された3x3の人気が高まりつつあることを、“バスケ好き芸人”として知られる大西ライオンは実感している。「年々盛りあがっているなと思いますし、リーグのチーム数も増えてきています。そんな中、DIMEは初年度にチャンピオンになっています。来年、再来年もチャンピオンを目指していきたいです」とコメント。さらに、「DIMEからオリンピック選手を、と思っています。そして、世界で活躍してほしい」と語った。

BASKETBALL KING