ここから本文です

脱毛する男たち 美しさ求め通院 意外な「お尻」需要、その理由は…「患者数は8.3倍」の病院も

9/14(木) 7:00配信

withnews

 脱毛のニーズは若い女性にあるというのは、今は昔。現在は、中高年や男性の脱毛の件数が増えています。「美しさ」を求めて美容クリニックに通う格闘家。海外赴任をきっかけに「お尻」を気にする人。女性の中には、介護を見据えて「決断」する例も。一方、専門クリニックの医師は「脱毛できる時間には限りがあることを覚えておいて」と呼びかけます。知っていそうで知らなかった脱毛の最新事情に迫ります。(ライター・小野ヒデコ)

【画像】ドイツ「裸の宴」に潜入してみたら…ギャグじゃない!みんな「スッポンポン」だった

脱毛のきっかけはSNSの投稿

 「K-1 WORLD GP」フェザー級王者・武尊選手(26)は昨年から脱毛に通い始めました。格闘家は肌の露出が多く、ムダ毛がない方が筋肉はきれいに見えると武尊選手は言います。

 「脱毛をしようと思ったきっかけは、SNSで『武尊は童顔なのに、すね毛が濃いことに違和感がある』という内容の投稿を見たことでした。それに、格闘家として強いだけではなく、美しさがあってこそスターだと思うので。今は全身脱毛をしています」

 試合と練習の合間をぬい、2週間に1回クリニックに通っているそうです。

 「脱毛は痛いと聞いていましたが、予想通り痛かった。格闘以外の痛みには弱いです。注射とか全然ダメ(笑)」

わき毛そったら男性ホルモンが減る?

 武尊選手が美容好きと知っている人も多く、脱毛をしていることへの周囲の反応は「さすが」。同じジムの仲間も影響を受けて、脱毛を始めた人もいるそうです。

 ツルツルになるまでは約3年かかると言われる中、わき毛は生えている気がしますが……。

 「わき毛をそったらフェロモンがなくなるということを聞いたことがあるので、残しています!」

 武尊選手が通う男性専門総合美容のゴリラクリニック総院長・稲見文彦さんは、「わき毛とフェロモンの相関性はないですね(笑)」と回答。

 「ここ2、3年で男性の脱毛需要は増えてきていると感じます。県外など遠方から施術に来られる患者さんもいて、現在は予約が取りづらい状態も続いています」

1/2ページ

最終更新:9/14(木) 7:00
withnews