ここから本文です

IS支配はまだ終わらない? モスルに残る3年間の傷痕

9/12(火) 20:45配信

THE PAGE

 イラク首相がモスルの解放宣言を7月10日に出して2か月が過ぎた。9か月に及ぶ戦いの後、過激派組織「イスラム国」(IS)のイラクにおける最大拠点は取り戻されたが、人口が200万人近かった街の70万人が難民と化し、死者は4万人 にも及んでいる。解放から2週間がたった7月後半、私は3か月ぶりにモスルを訪れた。(フォトグラファー・鈴木雄介)

【写真】フォトジャーナル<「解放宣言」後のモスルは今>- 鈴木雄介 第6回

廃墟と化した旧市街

 ISが最後まで立てこもり、戦闘を続けたモスル西部の旧市街地。ISのリーダー、アル・バグダディが珍しく公の場に姿を現し、「カリフ制」復活を宣言したアル・ヌーリモスクもここにある。イラク警察の車両に続いて街に入ると、その破壊の凄まじさに驚愕した。まるで津波に襲われたかのようなありさまだ。

 銃弾で穴だらけの焼け焦げた車がひっくり返り、鉄筋石造りの家が粉々に崩れ、足元を瓦礫が埋め尽くす。かろうじて立っている家の外壁には無数の弾痕。いったいどれだけの銃弾や砲弾、ミサイルがこの地域に降り注いだのだろう。

 話を聞いた警察部隊の隊員は「夜になって辺りが静かになると、瓦礫の下から声が聞こえてくることがあるんだ。恐ろしいよ」と言った。欧米メディアが「第二次世界大戦以来、最悪の市街戦」と表現したモスルの戦い。その壮絶さに圧倒されるばかりだった。

壊滅した街、批判恐れる政府

 戦いが激しかった旧市街地中心部では全ての住民が追い出され、警察部隊とイラク軍兵士以外の姿は見えなかった。その地域から少し離れたところで瓦礫の間を縫って歩く住民を見つけた。自転車を押して歩く少年とその父親だろうか。話を聞こうと彼らに近づいた。すると、遠くから見ていた警察部隊の兵士が大きく手を振ってジェスチャーしながら叫んだ。

「住人に話しかけるな」

 ガイドになぜだ? と聞くと、モスルの住人にはいまだにISを支持する住民も多く、簡単に人を信用するなとのことだった。それにしても住民に話を聞くくらいいいだろう。

 旧市街地に入る際のチェックポイントもとても厳しく、許可を取っていたにもかかわらず、足止めされた。旧市街に戻ろうとする老夫婦に対して威嚇射撃をして追い返す場面も目にした。

 腑に落ちず不振に思っていると、パトロールから戻ってきたある警察部隊の一人は拙い英語で私にこう言った。「中央政府はこの破壊の状況を見せたくないのさ。600人程度のISを殲滅(せんめつ)するために旧市街地が跡形もなくなってしまった。その状況をみんなが知ったら、当然イラク政府に批判がいくだろ?それを恐れているのさ」。

1/5ページ

最終更新:9/19(火) 5:52
THE PAGE