ここから本文です

脚本家・江頭美智留氏、鈴木砂羽の初演出舞台での共演者降板で謝罪…FAX全文

9/13(水) 6:03配信

スポーツ報知

 脚本家の江頭美智留氏(54)が12日、各マスコミ宛てにファクスを送付し、女優の鈴木砂羽(44)の演出・主演舞台「結婚の条件」(13日から18日まで)に出演を予定していた女優の鳳恵弥(36)、牧野美千子(52)の降板に至った経緯を発表した。

 鳳、牧野の所属事務所は11日深夜、公式サイトに2人の舞台出演について「演出鈴木砂羽氏より二人の受けました人道にもとる数々の行為に対しまして」と出演をキャンセルしたことを発表していた。FAX全文は以下の通り。

 × × ×

 劇団ク口ックガールズ主宰の江頭美智留です。

 劇団ク口ックガールズ・第15回本公演「結婚の条件」に出演予定でした鳳恵弥さん、牧野美千子さんが、降板ということになりました。

 今回、キャスト二人の降板という事態を招いてしまったことは、すべて劇団主宰である私に責任があります。

 演出・主演の鈴木砂羽さん、降板となったお二人はもちろん、キャスト、スタッフ、関係者の皆様にお詫び申し上げます。

 今回の公演にあたり、鈴木砂羽さん、そして降板となってしまった鳳恵弥さん、牧野美千子さんは、私からオファーさせていただいた大切な出演者です。また、鈴木砂羽さんに演出していただくことも、私が望んだことです。

 にも関わらず、このようなことになったのは、作品を作り上げる過程にあるアプ口ーチの差異をプ口デューサーとしてまとめられなかった私の力不足によるものです。

 私のプ口デユーサーとしての至らなさの結果、鳳恵弥さん、牧野美千子さん所属事務所のしぃぼるとぷろだくしょん公式ホームページ、鳳恵弥さんの公式ブ口グにある鈴木砂羽さんの演出について、誤解を呼ぶ可能性のあるコメントを招いてしまいました。

 ただ、鳳恵弥さんのブ口グに記載のある事柄については事実とは違いますので、訂正をさせていただきたいと思います。

 鳳恵弥さんブ口グから抜粋

 【江頭美智留先生に頭を下げさせている姿、余りにも常軌を逸していて、言葉がありませんでした】

 【その姿に『私たちだけじゃなくてあちらにも』と他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました】

 私は、決して、頭を下げさせられたわけではありません。

 私のスケジュール確認のミスにより、二回目の通し稽古ができなくなったことが原因ですので、私が自ら、キャスト、ス夕ッフに謝罪しました。

 私が謝罪したことで、お二人は私にお気遣いされたのでしょう。流れでお二人も謝罪されました。ただ、その際、通し稽古の後のダメ出しの時でしたので、キャスト全員が床に座った状態でした。鳳さんも正座されていました。その姿勢のまま、鳳さんが丁寧に頭を下げられたので、見た目が「土下座」という形になるのかもしれません。しかし、その場にいた私が断言できるのは、鈴木さんから土下座をするようにとは決して言っておりません。

 また、報道にあります「罵声を浴びせた」という事実はまったくありませんので、その点につきましても、明確に否定させていただきます。

 改めて、この度は私の至らなさで皆様にご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

 本日小屋入りを迎えた劇団ク口ックガールズ・第15回本公演「結婚の条件」、鈴木砂羽座長のもと、良いものをお客様にお届けできますよう、ス夕ッフ・キャスト、一丸となって作り上げていきますので、よろしくお願いします。

 劇団ク口ックガールズ主宰・江頭美智留

最終更新:9/13(水) 16:50
スポーツ報知