ここから本文です

大谷、メジャースカウトの前で163キロ! 5回2/3を無失点で今季初勝利の権利

9/12(火) 19:48配信

サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、日本ハム-楽天、21回戦、12日、札幌D)今季3度目の登板となった日本ハム・大谷が、今季最多となる78球を投げ5回2/3を1安打無失点、4奪三振、3四球。リードを守り、今季初勝利の権利を持って降板した。

 大谷は一回、いきなり159キロをマークするなど、打者3人で片付け、バックネット裏に陣取るメジャーのスカウト陣に上々の立ち上がりを披露した。

 二回には一死一、二塁のピンチを背負ったが、茂木へ投じた3球目で163キロを計測するなど投ゴロに打ち取り二死二、三塁。続く聖沢を161キロの速球で遊ゴロにねじ伏せて乗り切った。三回にも二死二塁のピンチを招いたが、銀次を160キロの速球で遊ゴロに打ち取り、得点を与えなかった。

 四回は走者を許さず、3者凡退に抑えた。味方打線はその裏、5番・横尾の2号3ランでリードを奪った。

 大谷は五回、二死から四球で走者を出したものの、続く島内を変化球で空振り三振に仕留めた。味方打線はその裏、西川の8号2ランを放ち5-0とした。

スポーツナビ 野球情報