ここから本文です

未踏天才プログラマー・西野順二が考える「AIと共生する未来・ヒト」

2017/9/12(火) 17:03配信

SENSORS

『SENSORS』でこれまで何度も取り上げてきたテーマである「人工知能(AI)」。 今回は、電気通信大学で「ファジィ理論」の研究を行う西野順二助教に、「AIと共生する未来・ヒト」について話を伺った(※ファジィfuzzyは「曖昧」を意味する)。ファジィ理論を応用することで、人によって異なる感覚や感情にAIがパーソナライズすることが可能になるという。「五感と人間が繋がることで、AIはさながら“ドラえもん“のような存在になるのではないか」。未踏天才プログラマーである西野氏が語る、ポジティブな人工知能論とは。

■ 「人間がやるべきことは生活と遊びだけになる」 楽観的AI論

--AIによって未来の社会、具体的には街・働き方・生活はどのように変わっていくと考えられていますか?

西野順二(以下、西野):最近「シンギュラリティ(AIが人間の能力を超える技術的特異点)」という言葉を聞くことが多くなったのに伴い、「AIが仕事を奪う」といった悲観論を耳にすることも増えました。ただ、私自身はAIの発展に楽観的です。AIが何でもやってくれるようになれば、人間がやるべきことは普段の生活と遊びだけになっていきます。要するに、より余裕のある社会になっていくのです。

時間に余裕ができると、人は一層人と人との繋がりを求めるようになるでしょう。今のインターネットで考えてみても、SNSを使いたいのではなく、その先にいる人と繋がりたいのです。これから進化するAIにおいても、人と繋がることが重要であり、それが新たなライフスタイルを生み出すのではないかと考えています。

--では長期的にみると、「労働」自体はなくなっていくでしょうか?

西野:例えば、僕が小さい頃は改札の前に切符を切る係の人がいましたが、今では自動改札機に代替されています。これは典型的な例ですが、今後も体力を要する仕事は減っていくでしょう。

--一方で仕事から自己肯定感を得ている人もいますよね?

西野:今は仕方なく働いている人も多いですが、今後は仕事がやりがいや楽しみを得られるもの、つまり趣味に近づいていくと思います。

1/5ページ

最終更新:2017/12/4(月) 17:56
SENSORS