ここから本文です

A東京は「誰もが要注意人物」、大阪の熊谷尚也が開幕戦へ意気込み

9/12(火) 15:06配信

バスケットボールキング

 9月11日に「B.LEAGUE 2017-18 Season TIPOFF Conference」が行われ、大河正明チェアマンとB1各クラブの18選手が登壇。大阪エヴェッサからはチームを代表して熊谷尚也が出席した。

 大阪は30日に行われる開幕戦で、ホームの府民共済SUPERアリーナにアルバルク東京を迎え撃つ。熊谷は「誰もが要注意人物なので、一人ひとりを警戒して戦いたい」と、エースの田中大貴、現役大学生の馬場雄大、ベテランの竹内譲次など多くのタレントを擁する相手について言及した。

 初代王者に輝いた栃木ブレックスから移籍した熊谷を筆頭に、元A東京のトレント・プレイステッド、藤高宗一郎(元サンロッカーズ渋谷)、安部潤、寒竹隼人(ともに元島根スサノオマジック)、新外国籍選手としてグレッグ・スミス、デイビッド・ウェアの計7選手が加わり、生まれ変わった大阪。熊谷は今季のチームスタイルについて「1対1よりもチームで守り、ディフェンスから走って得点につなげることを目指している」と明かし、「日々の練習からみんなで意識して、コートで表現していきたい」と意気込みを語った。

 また、熊谷は、優勝した昨季の栃木は「仲の良さ」が強みであったと振り返り、「コートの内外でもコミュニケーションを取って、それをプレーにも表現できていた。大阪でも全員とコミュニケーションを図って、チーム力を上げていきたい」と誓った。

BASKETBALL KING