ここから本文です

知切と坂田が優勝 県ミッドシニアゴルフ

9/12(火) 18:20配信

北日本新聞

 第15回県ミッドシニアゴルフ選手権は12日、富山市万願寺(大沢野)の富山カントリークラブ(CC)薬師・有磯コース(5860ヤード、パー72)で開かれ、グロスの部は知切四書(ちぎりしふみ)(富山)が初優勝を果たした。ネットの部は坂田清一(太閤山)が2年連続2度目の頂点に立った。

 満70歳以上の特別表彰グランドシニアの部では、グロスを片田義文(氷見)、ネットを坂田がそれぞれ制した。

 1952年12月31日以前の生まれで、ハンディキャップが18までの県内ゴルファー58人が出場。一時小雨の降るコンディションの下、18ホールストロークプレーで争った。

 表彰式では板倉北日本新聞社長があいさつし、上位選手にトロフィーなどを贈った。知切は「優勝するとは夢にも思っていなかった。前半をアンダーパーで回れたのが良かった」と笑顔。坂田は「ここしばらく不調が続いていたが、今日は調子が良かった。来年は3連覇を狙いたい」、片田は「優勝したことが信じられない。珍しくパターが入った」と、それぞれ喜びを語った。

 北日本新聞社主催、富山CC主管。中部ゴルフ連盟、県ゴルフ連盟後援。

北日本新聞社

最終更新:9/13(水) 0:09
北日本新聞