ここから本文です

電動アシスト付きベビーカーは「車道へ出ろ」? 誤解が猛拡散、経産省担当者も困惑

9/13(水) 18:18配信

J-CASTニュース

 電動アシスト付「ベビーカー」は軽車両に当たるため車道で使うように――そんな発表を経済産業省が行ったとして「子供を危険に晒せと?」「融通の効かないアホ官僚」などと経産省批判でネット上が騒然となった。

 これを複数のネットニュースや自動車評論家が記事にしたため騒動はヒートアップしたが、実はこれは誤解だった。記事にしたネットニュースは修正に追われているが、どうしてこんな情報が広がったのか。

■「赤ちゃんに道路を走らせる日本という酷い国」

 事の起こりは経産省が2017年9月7日に出したプレスリリースだった。見出しは、

  「電動アシスト付ベビーカーに関する道路交通法及び道路運送車両法の取扱いが明確になりました」

となっている。内容は、「グレーゾーン解消制度」に基づき電動アシスト付6人乗りのベビーカーについて確認を求める照会があり、道路交通法及び道路運送車両法上の取扱いについて検討した結果、「小児用の車」ではなく「軽車両」に該当する、と書いている。

 このリリースは、全ての電動アシスト付「ベビーカー」が軽車両にあたるため、車道で使わなければならなくなった、という形で広まり、複数のネットニュースや自動車評論家が記事にし「Yahoo!ニュース」にも掲載された。ネット上では激しい騒動になり、

  「こんなもん車道に出たら皆ひかれて7人ともあの世行きじゃないか?経産省も惨いことをするね」
  「融通の効かないアホ官僚の典型ですな」
  「赤ちゃんに道路を走らせる日本という酷い国」

などといったことが掲示板に書き込まれた。

 ちなみに「グレーゾーン解消制度」というのは、事業者が新規事業を始める際に規制に抵触するかどうかを国に照会できるというもので、14年1月に産業競争力強化法に基づいて創設された。経産省が窓口になり案件に関わる省庁が事業化が可能かどうかの検討を行い、どんな小さな案件であっても回答は必ずプレスリリースにして公表している。

1/2ページ

最終更新:9/13(水) 18:18
J-CASTニュース