ここから本文です

【新日本】ジュース・ロビンソンが手負いのUS王者ケニーにエールの怪

9/13(水) 16:45配信

東スポWeb

 新日本プロレス24日神戸ワールド記念ホール大会でIWGP・USヘビー級王座に挑戦するジュース・ロビンソン(28)が12日、左ヒザ半月板損傷で欠場中のケニー・オメガ(33)に早期回復指令を出した。

 開幕戦(5日、名古屋)で左ヒザ故障が発覚したケニーはシリーズを欠場し、神戸決戦はぶっつけ本番の王座戦となる。ジュースは「どちらにとっても不運な出来事だ。やるからにはお互いが100%の状態でタイトルマッチができるように祈っている」と、あえて手負いの王者にエールを送った。ケニーから金星を挙げたG1公式戦(8月5日、大阪)では逆にヒザを負傷していたジュースが丸め込んでの決着だったため、誰もが認める「ケニー超え」を果たしたい思いがある。

 さらにジュースは「ベルトを取ったら、まずケニーのリマッチを受けて退ける必要があるかもしれない。もちろんいろいろな相手と防衛戦をしたいし、もしもCodyを会社が用意してくれたら面白いストーリーを見せられる」とも豪語。今年の1月4日東京ドーム大会で敗れた元WWEスーパースターも候補に挙げながら、新日マットに君臨するトップ外国人選手を連破する青写真を明かした。

 WWEを退団後に新日本道場で再び一からキャリアを積み重ね、着実に成長を遂げてきた。「今年はG1も経験したし、明らかにステップアップした手応えがある」と初タイトルに自信をのぞかせる。この日の富山・魚津大会では6人タッグ戦に出場。必殺のパルプフリクション(キルスイッチ)で勝利を決めて神戸決戦に弾みをつけた。

最終更新:9/13(水) 16:45
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ