ここから本文です

鈴木砂羽舞台、女優事務所が経緯説明 劇団側から「代役公演」告げられたと主張

9/13(水) 11:36配信

デイリースポーツ

 女優・鈴木砂羽が演出、出演する舞台「結婚の条件」を降板することとなった鳳恵弥、牧野美千子が所属するしぃぼるとぷろだくしょんが13日、フェイスブックで2人の降板に関するいきさつを改めて説明。公演中止と公演続行の情報が何度も繰り返された状況を細かく明かし、最後まで劇団主宰の江頭美智留氏と話し合いが行われたが「力及ばずこのような発表のタイミングになりましたこと、改めてお客様におわび申し上げます」とつづった。

【写真】超秘蔵!これがトラブルの稽古場だ!演出をつける鈴木砂羽

 フェイスブックには「弊社が2日前に急に降板を申し出たような誤報がございましたが」と、降板申し入れは“誤報”と指摘。まず、9日の夜に江頭氏から出演の継続を伝えられ「お受けしている」としたが、その後「江頭美智留氏の許可を得ずに代役を探していた鈴木砂羽氏に対して、江頭氏より『皆さんがそろわない形での公演は本意ではなく、公演を中止するつもりです』」という連絡があったという。

 だが翌10日に江頭氏より「やはり中止にできないので戻って欲しい」と言われ、「再度承諾」したといい、10日時点では出演する予定だったと訴えた。

 11日には鈴木の所属事務所から謝罪の意向を示されたというが、その夜に江頭氏から、鈴木の事務所は謝罪しないことと「皆さんが揃わないと公演はしません。ご出演頂けますか?」と改めて出演を依頼されたといい、「再々度承諾させて頂いた」という。

 だが12日になって「代役で公演しなければならなくなりました」と言われ、最終結論に至ったと、二転三転した状況を説明した。

 今回の降板騒動では、鳳がブログで鈴木に土下座を強要されたなどと訴えたが、一方の江頭氏は鈴木のそれらの行為を否定。そして「全ては私の責任」というコメントを発表している。

Yahoo!ニュースからのお知らせ