ここから本文です

【広島】DeNA戦4連敗…連勝9で止められた

9/13(水) 6:05配信

スポーツ報知

◆広島1―3DeNA(12日・マツダスタジアム)

 快進撃が止まった。9月10試合目にして初黒星。今季2度目の10連勝はならなかった。緒方監督は「(野村)祐輔も3失点した後は、立ち直ってくれたんだけど。打線もチャンスをつくれずちょっと残念な試合になってしまったね」と渋い表情で振り返った。

 10勝目をかけてマウンドに上がった先発・野村が踏ん張り切れなかった。先頭のロペスを三塁・西川の失策で出塁させると、無死満塁から嶺井に押し出しの死球。1死後、倉本に2点二塁打を打たれ3点を失った。「エラーは関係ない。なんとか粘りたかったんですが」と5敗目を喫した。

 野村もチームも、悪夢を払拭したかった。8月22日のDeNA戦(横浜)。野村は完投目前の9回に筒香に2ランを浴びて1点差で降板。今村も連続被弾して大逆転サヨナラ負けした。23、24日もサヨナラ負け。それ以来のDeNAとの対戦で、このカードの連敗が4に伸びた。

 阪神が巨人戦で引き分けたため、優勝マジックは5から4に減った。最短Vは14日。だが、DeNAとはCSで再戦する可能性もある。阪神には13勝9敗1分け。巨人も16勝7敗と圧倒している。だが、DeNAには9勝12敗。同一リーグとの対戦では唯一負け越している。指揮官は「一戦一戦しっかりとその日の戦いをするだけ。DeNAだろうと、阪神だろうと、巨人だろうとね」と強調するが、苦手意識は拭い去りたいところだ。(角野 敬介)

最終更新:9/16(土) 1:07
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 12:30