ここから本文です

松村邦洋が30キロ減量、「草野球でキャッチャーを」=物まねは「デビュー時の気持ちで」

9/13(水) 18:42配信

時事通信

 お笑いタレントの松村邦洋が13日、東京都内でトレーニングジム「RIZAP」の新CM発表会に出席した。約8カ月間にわたるダイエットを経て、体重を約30キロ減らした松村は「今、一番やりたいのは草野球。キャッチャーとしてランナーを2~3人刺したい」と語った。

〔写真特集〕人気タレント~話題の人、注目株~

 以前は「食事は1日5食。寝る前にお菓子も食べていた」と話す松村だが、今年8月の50歳の誕生日を前に「健康が大事」との思いを強め、本格的なダイエットに挑戦。筋力トレーニングと食生活の改善による減量の結果、「正月には110キロあった」という体重は80キロになった。

 発表会にスーツ姿でさっそうと現れた松村は、「この体重は高校生以来。動きやすくなった」とコメント。「痩せたことで仕事に変化はある?」と報道陣に聞かれると、「芸人にとって(定着している)キャラクターは大事だけど、健康でないと何もできない。『命あっての物まね』だと思う」と応じ、「需要がなくなったら一から始めればいい。今後はデビュー当時のような気持ちで物まねをやってみたい」と思いを新たにした。

 この前日、松村は病気で入院中の出川哲朗を見舞ったそうで、「かつらをかぶって行ったこともあり、最初は僕だと気付かれなかった。『松ちゃんなの?  そんなに痩せて、びっくりだよ』と言われた」と、出川の物まねでエピソードを明かした。

最終更新:9/15(金) 17:53
時事通信