ここから本文です

ソフトバンクの「白戸家」が卒業? 10周年目に新家族登場か

9/13(水) 21:24配信

Impress Watch

 ソフトバンクは、13日に開催した新サービス説明会にて、CMシリーズ「白戸家」の最新作を発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 新CM「10周年ダイジェスト」篇は、2007年にスタートした白戸家CMをダイジェスト映像で振り返るという内容。もの悲しい音楽や、最後に表示される「10年間ありがとう。」というキャッチコピーなど、まるで白戸家シリーズの最後を飾るかのような内容になっている。

【ソフトバンク新CM 白戸家「10周年ダイジェスト篇」】

 ここで、ゲストとして南海キャンディーズの山里亮太が登場。白戸家CMのファンという山里は、「白戸家に“予想外”なことが起こった」と告げられ、困惑しながらもその内容を探ることに。

 続いて流された映像は、撮影を終えた白戸家に、「10年間ありがとう。」と書かれたくす玉でねぎらうというメイキング風のCM。

 映像の中の母親役の樋口可南子、娘役の上戸彩が困惑した様子が、山里も「白戸家終わっちゃうの!?」と動揺。そこへ、今後ソフトバンクのCMに出演することが決まったゲストとして、俳優の古田新太、竹内涼真、杉咲花が登場する。

 山里が何があったのかを問うも、3人とも言葉を濁して語らず。白戸家に何が起こるかという謎は、残されたまま次の話題へ移行。新発表の「みんな家族割」にちなみ、それぞれの理想の家族のイメージを語った。

 なお、「みんな家族割」は、家族以外の同居者も10名まで割引するという、新プラン「ウルトラギガモンスター」(データ定額50GB)限定の割引制度。詳細は別記事をご覧いただきたい。

 また、9月16日~17日には、白戸家10周年を記念し、東京・表参道ヒルズで「白戸家展」が開催されることが発表された。

ケータイ Watch,石井 徹

最終更新:9/13(水) 21:24
Impress Watch