ここから本文です

元Dream5リーダー・重本ことり、書き下ろし自伝本『黒いことり』とソロシングル『ReBirth』を同時発売 秘めていた苦悩、孤独を乗り越えて復活

9/14(木) 0:00配信

デビュー

 元Dream5のリーダー・重本ことりが、10月5日にソロシングル『ReBirth』と、初の書き下ろし自伝本『黒いことり』を同時発売する。これまでの活動では決して見せてこなかった苦悩や孤独、葛藤を初めて明かし、それらの試練を乗り越えた力強い楽曲をソロアーティストとして表現している。

【写真】重本ことりの自伝本、ソロシングルの写真

 2016年末、10年間所属していた事務所との契約を終了した重本が、21歳の誕生日である10月5日に、初の書き下ろし自伝本と、ソロアーティストとして初のシングルをリリースする。自伝本『黒いことり』では、両親との歪な関係や、同級生にいじめられ続けた小・中・高校生時代、『妖怪ウォッチ』主題歌『ようかい体操第一』で売れていくことと裏腹の恐怖、メンバーへの苛立ち、紅白出場でも得られなかった満足感…など、これまで誰にも見せてこなかった、孤独や苦悩を赤裸々に明かしている。

 そして、これまで内に秘めていたものを乗り越えて、新たな未来へと歩き出す彼女の今の思いを綴った力強い1曲がソロシングル『ReBirth』だ。「再生・復活」を意味するタイトルが付けられたこの楽曲は、学校、社会で日々選択を迫られる現代の人々に贈る応援歌。今までグループでは表現できなかった新しい「重本ことり」が収められている。

 ソロシングル『ReBirth』および自伝本『黒いことり』は10月5日発売。なお重本は、9月17日まで、浅草六区ゆめまち劇場で上演される、100点un・チョイス!番外公演vol.2 舞台『Who are you ?』に出演している。

最終更新:9/14(木) 0:00
デビュー