ここから本文です

十勝オホーツク道の陸別小利別IC~訓子府IC間、10月9日開通

9/13(水) 11:24配信

乗りものニュース

北見~帯広間が4分短縮

 国土交通省北海道開発局は2017年9月8日(金)、十勝オホーツク道の陸別小利別(りくべつしょうとしべつ)IC~訓子府(くんねっぷ)IC間16kmが、10月9日(月・祝)16時に開通すると発表しました。

【地図】開通区間の詳細

 十勝オホーツク道は、道東道の足寄IC(北海道足寄町、本別町)から北見東IC(同・北見市)までを南北を結ぶ道路です。現在は訓子府IC~北見東IC間が開通しています。

 国土交通省北海道開発局によると、今回の陸別小利別IC~訓子府IC間が開通することで、北見市~帯広市間の所要時間は4分(冬季5分)短縮される見込みです。たまねぎや生乳などの輸送、周遊観光、地域医療体制確保などに寄与するといいます。

 陸別小利別IC~訓子府IC間は2車線(片側1車線)で通行は無料。開通当日は、開通記念式と通り初め式が予定されています。

乗りものニュース編集部