ここから本文です

ロシアW杯へ“天才“・宇佐美フィーバーの幕開け 独紙「本拠地はタカシの城」

9/13(水) 14:50配信

theWORLD(ザ・ワールド)

詰めかけた日本人サポーターも歓喜

ここから宇佐美劇場が始まるのだろうか。今夏出場機会を求めてブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに移籍したFW宇佐美貴史に大きな注目が集まっている。

Jリーグとブンデスでは”スピード”が違いすぎる?

宇佐美は昨夏に2度目のドイツ挑戦としてアウグスブルクに移籍したものの、チームスタイルに合わなかったこともあって出場機会は増えず。宇佐美の良さも全く活かされず、日本代表メンバーからも漏れてしまった。2018ロシアワールドカップで代表の切符を掴むためには、何としてもクラブで結果を出さなければいけない状況だ。

その中で選択したデュッセルドルフへの移籍は、宇佐美にとって最良の選択だったのかもしれない。デュッセルドルフには多くの日本人が住んでおり、ドイツの日本の首都とも言われる。宇佐美にとってデビュー戦となった10日のウニオン・ベルリン戦では得点も記録。ペナルティエリア内にこぼれたボールを右足のアウトサイドで流し込んだ技ありのシュートで、宇佐美の笑顔も弾けた。

宇佐美だけではない。宇佐美のプレイを見ようと集まった約1000人の日本人サポーターも大興奮となり、デュッセルドルフはちょっとした宇佐美フィーバーとなっている。独『Express』もこれを取り上げており、「宇佐美のゴールによる幸福感が日本人ファンにも伝染。本拠地エスプリ・アレーナはタカシの城」と伝えている。

日本人ファンが多いことは宇佐美にとって大きなサポートになるはずで、ホームスタジアムの空気にも入り込みやすくなるだろう。ワールドカップへ向けて最高のスタートを切ったが、宇佐美は自身の城となったデュッセルドルフの本拠地で今後もゴールを量産出来るか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ