ここから本文です

元世界4位ストーサー 復帰戦白星ならず、逆転許し初戦敗退<女子テニス>

9/13(水) 22:01配信

tennis365.net

ジャパン ウィメンズオープン

女子テニスのジャパン ウィメンズオープン(日本/東京、ハード、WTAインターナショナル)は13日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのS・ストーサー(オーストラリア)は世界ランク99位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)に6-3, 5-7, 1-6の逆転で敗れ、初戦で姿を消した。

ジャパンウィメンズOP 対戦表

復帰戦となったこの試合、第1セットを先取した元世界ランク4位のストーサーだったが、競った展開の第2セットを相手に奪われると、その後は流れをつかめず2時間25分で敗れた。

33歳のストーサーは2010年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)チャンピオン。今シーズンは全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)以降大会に出場しておらず、今大会が約3ヶ月半ぶりの実戦となった。

一方、逆転勝利をおさめたソリベス=トルモは2回戦で、世界ランク62位のC・マーケイル(アメリカ)と対戦する。マーケイルは、1回戦で予選勝者のD・コビニッチ(モンテネグロ)をストレートで破っての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:9/13(水) 22:01
tennis365.net