ここから本文です

吉川晃司が現在建設中のオリンピック会場での追加公演を発表

9/13(水) 14:50配信

Billboard Japan

 吉川晃司が【KIKKAWA KOJI LIVE 2017“Live is Life”】のツアーファイナルである9月12日のZepp Sapporo公演で、本ツアーの追加公演を1月20日、21日に現在建設中の武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナで開催することが発表した。

吉川晃司 ライブ写真(全3枚)

 吉川晃司はツアー序盤の7月21日の武道館で、「公演3日前の検査で喉のポリープが見つかり、時期を見て声帯ポリープ手術を行う可能性がある」ことを既に発表している。そうした状況を考慮してライブが中止や延期になるケースは多々あるが、追加公演が行われるのはきわめて珍しい。

 本人は「ツアーをもっとやりたい、まだ歌いたいという思いが夏からどんどん膨らんできて、会場を探してもらっておりまして。1か所2日間だけ、スケジュールが出ました。多忙な演奏仲間やスタッフもスケジュール調整を図ってくれて、やろうじゃないかと言ってくださり。これは奇跡の2日間だと思っています」と説明。

 吉川が追加公演にこだわった理由は大きく分けて3つ。ここまで積み重ねてきた喉での集大成のステージによって、これまでの足跡を刻みたいという強い思いがあったこと、ステージを踏むほどに現在のメンバーによる演奏の完成度が高まっていること、そして喉のポリープという逆境が歌唱技術を向上させ、通常ではありえない緊張感によって、気迫あふれるスリリングなステージが展開されてきたこと。

 こんな言葉にも吉川の思いが凝縮されている。「こんな素晴らしい状態は計算やガムシャラな頑張りだけでは決して生み出せないモノだと痛感しているんですよ。今が一番歌が良くなっているというか、自分で言うのもなんですが、前より歌がうまくなっている手応えがある。なるほど、人間はこういうときに成長するんだな、今やっておくと、もっと上に行けるんだなと考えています」

 過去にも骨折しながら集中力あふれるライブを行うなど、逆境をバネにしてきたこと数知れず。今回のバンドのメンバーは『Live is Life TOUR』と同じ、菊地英昭(G)、生形真一(G)、ウエノコウジ(B)、湊雅史(Dr)、ホッピー神山(Key)という編成。このメンバーでさらなる高みを目指すことになる。

 今回発表された武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナは現在建設中の味の素スタジアム(東京スタジアム)に隣接する最大約1万人収容のアリーナで、2020年東京五輪・パラリンピックのバドミントンやフェンシング、車いすバスケットボールの会場としても使われる予定で、年内には完成する見込みとなっている。

 スポーツ競技でのこけら落としは平昌五輪の代表選考会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権(12月20~24日)に決定。ライブではまだ発表された公演はないので、この公演がライブ開催発表第1号となる。東京オリンピックの会場となる東京体育館での昨年のツアーファイナルの開催、ポセイドン・ジャパンの公式テーマ曲「Over The Rainbow」の制作など、吉川とオリンピックとの関わりは深い。

 「十代の頃はオリンピックの選手を夢見て、全力で水球に打ち込んでいたので、オリンピックの会場となる場所で歌うのは身震いしますね。己の三十何年間の集大成にして、運命の会場になるんだろうなと思っています」




◎追加公演【KIKKAWA KOJI LIVE 2017“Live is Life”】
2018年1月20日(土)、21日(日)
武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ

最終更新:9/13(水) 14:50
Billboard Japan