ここから本文です

広瀬アリスが礼儀知らずの巫女役に!TIFF特別招待作「巫女っちゃけん。」2月全国公開

9/14(木) 0:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 広瀬アリスが常識も礼儀もない巫女役で主演した映画「巫女っちゃけん。」が、2018年1月20日から福岡で先行公開され、同年2月3日から東京・新宿武蔵野館、渋谷TOEIほかで全国公開されることがわかった。今作はアジフォーカス・福岡国際映画祭2017(9月15日開幕)のクロージング作品に決定しているほか、第30回東京国際映画祭(10月25日開幕)に特別招待作品として出品される。

【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら

 映画「偶然にも最悪な少年」などで知られるグ・スーヨン監督がメガホンをとり、「嵐」が出演したJALのCMなどで“光の道”が話題を集めた福岡・福津市の宮地嶽神社で、連日35度を超える猛暑のなか撮影。態度も口も悪く、とにかく人のせいにしがちな就活生・しわす(広瀬)は、父が宮司を務める神社で巫女のアルバイトをしている。「就職したら巫女なんてすぐに辞めてやる」と悪態をつきながらも、目標や夢があるわけでもない。そんなある日、しわすは社殿に隠れていた5歳の少年・健太と出会う。

 しばらくの間、神社で面倒を見ていた健太を母親が迎えに来たが、健太は数日後には再び戻ってきてしまう。見ると、顔には殴られたようなアザが。児童相談所の相談員を交えた話し合いのなか、「誰に殴られた?」と問われた健太は、あろうことかしわすを指差す。疑惑の目を向けられたしわすは、起死回生のある行動に出るが……。

 見どころは、広瀬が自身のパブリックイメージを打破したハチャメチャな演技。「日本の文化、神社の巫女というのは知っているようで、実はあまり知らない世界だと思います。所作や舞いをクランクインの1週間前から撮影現場の福岡に入り毎日練習しました。巫女の装束も自分1人で着られるようになり、髪も皆で並んで前の人の髪を結んだりすることも習い、濃厚な時間を過ごさせていただきました」と振り返りながらも、「ただ本編での私は、今まで習ったことは一切しないでくださいと言われました(笑)。いい意味で巫女の世界観、空気感をぶっ壊していると思います」と述べる。そして2つの映画祭参加にあたり、「自分自身、あまり映画祭の経験がないので、今からドキドキしていますがとても楽しみです」と期待に胸躍らせている。

 「巫女っちゃけん。」は、公開オーディションで選ばれた山口太幹くんが健太役に扮し、リリー・フランキーと飯島直子がしわすの両親役、MEGUMIが健太の母役を担当。主題歌はYouTubeで3億回以上再生された楽曲「Mr.Saxobeat」で知られる、ルーマニア出身の歌姫アレクサンドラ・スタンが手がけている。

最終更新:9/14(木) 0:00
映画.com