ここから本文です

宮古島、7割以上の世帯が停電 台風18号、最大風速50・9メートル 

9/14(木) 1:09配信

琉球新報

 非常に強い台風18号は13日、沖縄本島地方を強風域に巻き込みながら北上し、宮古島地方を直撃した。暴風域に入った宮古島市では、同日午後6時48分に最大瞬間風速50・9メートルを観測し、猛烈な風と雨が島を襲った。同日午後11時現在、全世帯の7割以上に当たる1万9600世帯が停電している。先島諸島では14日朝まで暴風が吹く見込みで、沖縄気象台は暴風や大雨、高波への厳重な警戒を呼び掛けている。



 台風は13日午後9時現在、宮古島の北約80キロにあり、1時間に約10キロの速さで北北西に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 宮古島地方は同日午前10時ごろに暴風域に入り、台風は夕方に最接近した。風速30メートル以上の猛烈な風に加え、時間雨量50ミリ以上の非常に激しい雨が地面をたたいた。倒木の被害も出た。12日午後6時から13日午後11時までの総降水量は、同市新城で487・0ミリ。同市は13日午後9時55分、市内に土砂災害警戒情報を発表した。

 13日午後11時現在、宮古島市では大雨と暴風警報が発表されており、13世帯23人が公民館などに避難している。沖縄市高良では女性1人が午前中に強風により転倒し、軽傷を負った。市登川では街灯1本が折れる被害があった。台風は同日午後6~9時ごろに久米島、同日夜遅くに八重山地方に最接近し、八重山地方と久米島でも暴風警報が出ている。

 沖縄気象台によると、久米島は14日未明ごろ、八重山地方は同日明け方ごろ、宮古島地方は同日朝ごろに暴風域から外れる見込み。14日に予想される最大風速は、宮古島地方で35メートル、八重山地方と沖縄本島地方で25メートル。波の高さは宮古島地方で10メートル、沖縄本島地方で9メートルの予想となっている。

琉球新報社

最終更新:9/14(木) 1:09
琉球新報