ここから本文です

真矢ミキ 鈴木砂羽“土下座強要騒動”で直前降板に「プロとしてはどうなんでしょう」

9/14(木) 10:39配信

東スポWeb

 女優の真矢ミキ(53)が14日、MCを務めるTBS系「ビビット」で、女優の鈴木砂羽(44)の“土下座強要騒動”についてコメントした。

【写真】ガッツポーズで劇場入りする鈴木砂羽

 番組では鈴木が主演、初演出を務める舞台「結婚の条件」に出演予定だった女優・鳳恵弥(36)と牧野美千子(52)が、13日の初日直前に降板した騒動を特集。2人とその所属事務所はブログ等で、稽古中に“土下座”を強要され“物”のように扱われたことを降板理由として訴えた。これに鈴木は反論。代役を立てて行った初日公演後に取材に応じ「(土下座強要などの)そういう事実はございませんし、人道的に彼女たちの人格や尊厳を痛めつけるような罵声を浴びせたこともございません。自分なりにコミュニケーションを取っていたつもりなのですが…」と否定した。

 土壇場の降板劇について真矢は「はっきりしたことは分からないけど、2日前の降板とかはプロフェッショナルではどうなんでしょうと思う。(事務所側は)役者さんを大切に思うのならば、後にいろいろ思いは話し合うとして、とりあえず出ましょうという判断でもいい気がする」と見解を示した。

 演出家のテリー伊藤氏(67)は「2人の役者さんね、演出家がつか(こうへい)さんや蜷川(幸雄)さんだったら辞めたのかなと思う。鈴木さんも初演出で気合が入っていて、罵声とか浴びせていたと思いますよ。鈴木さんも若いころ、それをされた経験があるから、意外と自分の中では当たり前ということできたようなとこもあると思う」と推測し、「ちょっとね、今度また3人で会って、舞台でもなんでもやるぐらいないとね」とコメントした。

最終更新:9/14(木) 11:23
東スポWeb