ここから本文です

史上2人目のドラコン3連覇を狙う 渡邉彩香が気にするライバルとは?

9/14(木) 20:34配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇14日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,446ヤード・パー72)>

【関連写真】仲良しの辻梨恵とドレスで2ショット!渡邉彩香フォトギャラリー

今大会の2日目終了後に行われるLPGA公認ドライビング女王コンテスト。過去3連覇を達成したのは大竹エイカのみだが、その偉業に挑戦するのが渡邉彩香だ。

「ドラコン用に何か特別に用意するものはありません」と、王者の風格を見せつつ、「今週は毎日ドライバーでガンガン攻めようと思っています。コースの中でドライバーを思い切り振れてくれば、ドラコンにもつながるでしょう」と、プレッシャーがあってもしっかり振り切ることを意識する。

その渡邉がドラコンのライバルと認めるのが、川岸史果。父親の良兼から受け継いだ飛ばしのDNAはご存知のとおり。今回が初参戦となるが、ドラコン用に1インチ長くした46・25インチのドライバーを用意しているという。その話を渡邉に振ると、「えっ、そうなんですか!? そんなに長いドライバーを使うんですね」と驚いた表情を見せた。ちなみに、渡邉が使用するドライバーは44・5インチだという。

面白いもので、その川岸がライバルとして挙げたのが、現在ドライビングディスタンス第1位の葭葉ルミであり、葭葉がケアするのは渡邉だという。まさに、飛ばしの女王を巡るトライアングルが形成されたが、どの選手もそろって口にしたのが、普段は7、8割の力でスイングしているが、ドラコンでは10割の力を出すという点だ。

「正直、今年は厳しいかも……」と、本音を見せた渡邉だが、デビュー当時から飛ばしに関してはこだわりがある。この大会はウエア契約を結びデサントが主催するのでホステスプロとして、本戦でも頑張りたいという渡邉。果たして、一挙両得となるか!?

文/山西英希

(撮影:佐々木啓)<ゴルフ情報ALBA.Net>