ここから本文です

マツダ、3列シートSUVを発表 低燃費ディーゼル搭載

9/14(木) 11:00配信

朝日新聞デジタル

 マツダは14日、新型SUV(スポーツ用多目的車)「CX―8」を発表し、全国の販売店で予約受注を開始した。3列シートの6~7人乗りで、近く撤退するミニバンからの乗り換えも促す。排気量2・2リットルのディーゼルエンジンを積む。価格は消費税込み319万6800円から。発売は12月14日。

【写真】「CX―8」のインテリアを紹介するマツダの開発担当者=14日午前、東京都港区、林敏行撮影

 全長4・9メートルで、主力の5人乗りSUV「CX―5」より一回り大きい。マツダのSUVでは最上位に位置づけられる。独自の低燃費技術を採り入れたディーゼルエンジンは、多人数で乗っても力強く走ることができるよう、改良したという。燃費は軽油1リットルあたり最高17・6キロ(JC08モード)。

 多人数乗りの乗用車は、日本では、室内が広く、乗り降りしやすい、ミニバンが主流だ。だがマツダは、海外でもほぼそのまま売れるSUVに力を入れる。大手ほど潤沢な開発資金を持たないため、「プレマシー」などのミニバンからは撤退する「選択と集中」を進める戦略だ。

 マツダが新しい車種を国内に投入するのは、2015年2月の「CX―3」以来となる。(奥田貫)

朝日新聞社