ここから本文です

【オリックス】宮内オーナー、福良監督続投へ10月上旬に球団社長と会談

9/14(木) 6:05配信

スポーツ報知

 オリックス・宮内義彦オーナー(82)が13日、10月上旬にも西名球団社長と“トップ会談”を行うことを明かした。近く2週間以上の海外出張に出発するため、帰国後に福良監督の来季去就について話し合う予定。「やっぱり球団の話を聞かないと。そのうち、西名さんから何らかのお話があるはず。私は受け身」と、スタンスを明確にした。

 CS進出は極めて厳しいが、ここまでパ・リーグ4位。最下位だった昨年の同時期に24あった借金は、この日のソフトバンク戦に快勝し、半数以下の8まで減らしている。これまで西名社長は「信頼は今も変わらんよ」と強調しており、昨年も中長期的な視点で再建を託し、福良監督に続投を要請している。

 82歳の誕生日でもあったこの日、都内でオーナー会議に出席。「一般論」と前置きした上で「(監督が)代わって良くなるという確認がないとね。代わるという判断はなかなかできないと、僕は思うけどね」と持論を展開した。監督人事の最終決定権を持つ立場でもあるが、基本的に球団方針を支持。「私が福良監督を好きだから来季もやらせろとか、気にくわないから代えろとか、そんなのは言えないでしょ」と冗談を交えながら、スムーズに事が運びそうな気配を漂わせた。

最終更新:9/15(金) 10:01
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/25(月) 20:40