ここから本文です

若狭氏、新党結成へ動き活発化=基本政策に「一院制」

9/14(木) 17:12配信

時事通信

 小池百合子東京都知事に近い若狭勝衆院議員は14日、衆院議員会館で記者会見し、年内結成を目指す国政新党の基本政策に、「一院制」導入を据える考えを表明した。

衆院新会派、一転見送り=新党準備に専念-細野氏ら

 16日には自身が設立した政治団体の政治塾の初会合を開催。民進党を離党した議員との接触も重ねており、次期衆院選をにらんだ動きを活発化させている。

 若狭氏は会見で、政策の柱に一院制を選んだ理由について「身を切る改革とスピーディーな国会運営ができて一人前の国会になる」と説明。小池氏が国会議員当時、一院制実現に向けた超党派議員連盟のメンバーだったことも付け加えた。

 また、基本政策とすることに関し、小池氏や民進党の離党組の一部から理解を得たとし、新党への参加や次期衆院選の候補選びの条件とする考えを示した。

 政治塾の名称は「輝照(きしょう)塾」。16日に東京都内で行う第1回講義に講師として小池氏を招き、連携をアピールする。今後、月1回のペースで社会保障の専門家らを講師に呼び、来年2月まで開催。衆院選のタイミングをにらみつつ、受講者の中から候補を発掘する。 

最終更新:9/14(木) 23:11
時事通信