ここから本文です

マンC チームの大会最多得点差で大勝 「勝ち進むためには、ホームもアウェーも重要だ」

9/14(木) 17:49配信

スポニチアネックス

 ◇欧州CL1次リーグF組 マンチェスター・シティー4―0フェイエノールト(2017年9月13日)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)は13日、各地で1次リーグE~H組の第1戦が行われ、F組はマンチェスター・シティーがアウェーでフェイエノールトに4―0と大勝した。

 昨季16強のマンチェスター・シティーが、02~03年以来15季ぶりに欧州CL本大会に出場したオランダ王者に力の差を見せつけた。前半に5バックで守りを固めてきた相手から3得点。開始わずか2分に左CKをつないでDFストーンズが頭で先制点を押し込み主導権を握ると、同10分に右クロスをFWアグエロがニアで合わせて追加点。同25分にCKの流れから、こぼれ球をFWガブリエウ・ジェズスを押し込んだ。

 後半に18分には再びCKからDFジョーンズが頭で決めて4―0。チームの大会最多得点差で大勝し、グアルディオラ監督は「昨季はCLのアウェーで1試合も勝てなかった。勝ち進むためには、ホームもアウェーも重要だ」と地元放送局BTスポーツに語った。

 一方、就任3季目で初めて欧州CLで指揮を執った元オランダ代表DFのファンブロンクホルスト監督は、地元放送局ベロニカで「相手は世界のトップチームの1つ。本当に楽にプレーし、ボールをよく動かしていた」と脱帽した。

◆1次リーグH組

(0)フェイエノールト0―4マンチェスター・シティー(3)

(3)シャフタル・ドネツク2―1ナポリ(0)

※( )の数字は勝ち点

スポーツナビ サッカー情報