ここから本文です

日馬富士「まだ10日ある」=大相撲

9/14(木) 20:38配信

時事通信

 日馬富士は阿武咲を捕まえ切れず、はたき込まれて空中を1回転して土俵に落ちた。2003年名古屋場所の武蔵丸以来となる3日連続の金星配給。「体は動いているが、結果につながらなくて残念」。言葉はため息交じりだった。

 3横綱1大関が休場し、その肩にかかる責任は大きい。八角理事長(元横綱北勝海)は「一人横綱の重圧に慣れる前に負けたのが大きい」と分析し、「苦しい思いをしながら、一つ一つ勝っていく姿を見せられればいいと思う」とも続けた。

 横綱審議委員による総見で国技館を訪れた北村正任委員長は「日馬富士はこの後の気力が続くかどうか。頑張ってほしい」と心配顔。4横綱がそろって休場となれば、史上初の不名誉になる。日馬富士は「続けるしかない。まだ10日もあるから。あしたの一番に気持ちを切り替える」と闘志を振り絞った。

最終更新:9/14(木) 20:45
時事通信