ここから本文です

核配備の可能性否定=対北朝鮮で韓国大統領

9/14(木) 22:59配信

時事通信

 【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は14日、米CNNテレビのインタビューに応じ、北朝鮮の核・ミサイルへの対抗措置として、韓国に核兵器を配備する可能性を否定した。

 
 文大統領は「韓国は独自の核兵器開発や戦術核配備を行う必要があるという主張には同意しない」と断言。「核兵器保有で北朝鮮に対抗しても、朝鮮半島の平和維持にはならず、北東アジアでの軍拡競争につながりかねない」と指摘した。

 北朝鮮への対応策をめぐっては、宋永武国防相が先に、国会の答弁で、戦術核配備の可能性を「多様な方策の一つとして検討しなければならない」と述べていた。ただ、国防相の発言には、配備検討に言及することで、米国に核抑止力の増強を働き掛ける意図があったとみられている。 

最終更新:9/14(木) 23:05
時事通信